玄関がスッキリしました

ドアを開けると

家を建てて、初めて足を踏み入れた時と同じ状態にしました。
つまり、見た目には何一つありません。

以前は、他の場所と同様に玄関も季節に合わせてディスプレイをしていました。
椅子を置き、絵を飾り、夏には麦わら帽子やガラスのオブジェを置き、クリスマスにはサンタグッズを飾っていました。
下駄箱の上には、季節の花々を活けていました。

でも今は、何もありません。
玄関のドアを開けると、右手にある開けられた窓から入る風が、緩やかに吹き抜けるだけです。
たたき部分に靴も置かないようにしています。
そうすることで、掃除がしやすくなりました。
以前の掃除は、ただほうきで履くだけでしたが、今は、よく晴れた日には、水を流しいれて、デッキブラシを使い、汚れを落としています。
そのあと、窓を開けて乾燥させます。
乾きにくいときは、扇風機も使っています。
掃除後は本当にきれいになります。

下駄箱

下駄箱を開けると、夫婦二人のオールシーズンの靴が入っています。
夏のサンダルから冬のブーツまで。
勿論、フォーマルな靴や、運動靴もあります。
スリッパ、靴ベラや靴クリーム、簡易レインコート、折り畳み傘なども入っています。
長靴は、庭いじりをするときに使うので、物置に置いています。
他に靴はありません。

元から、こんなに少なかった訳ではありませんが、
“靴は下駄箱に入るだけ”
と決めて、減らしました。
傷んでいなくても、近頃履いてないなと思うものは処分。
靴ずれができる、洋服と合わない、流行おくれ、など。
きっと、履かない理由が自分の中にはあるはずです。
履いていないものは、これから先も履かないはずです。


玄関マット

玄関マットもありません。
実は、片付けを始める前は、玄関マットを置いていました。
何故おいていたのか?
玄関にはマットを置くものだと思っていたからです。
でも、なんの為に?
と考えたら、特に必要ないのでは?と思うようになって処分しました。

ただし、色々な理由で足が濡れることがあるので、下駄箱の中には、タオルを2枚常備しています。
このタオルは雨に濡れた際も活躍してくれています。

 

傘立て

傘立ては、以前は玄関の内に置いていました。
現在は玄関ポーチに置いてあります。

私たち夫婦はともに車で行動することが多いので、傘を使うことも少なく傘立ての出番も少ないのですが、それでも玄関の中にあったときは、時折傘立ての中にある濡れた傘を見るたびに、
「湿気でるよな」
と憂鬱になったものです。
今はそのような気持ちになることもありません。
快適な毎日を過ごしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA