自分で髪を切りました

妻の髪

髪を切りました。
正確に言うなら、切ってもらいました。
夫に。

日々の忙しさを理由に、美容院に行くのを先延ばしにしていました。
のびてきた前髪が気になって
、イライラしていたので、随分前に買っておいた散髪用のハサミとスキバサミを使って自分で切ってみたら、案外いけました。それで、調子に乗って横も切ってみたのでした。
でも、残念ながら後ろは自分ではどうにもならなくて、夫にお願いしました。

すったもんだの末に、切り終わった後、
「2000円でいいよ」
と夫が言いました。

「冗談じゃない。反対に2000円払ってよ」
私が答えました。
そのような出来でした。
勿論、夫は美容師ではありません。

こうなるであろうことは想像できていました。
 けれども、洗髪すると、髪もきれいに整って、見られないほどではありませんでした。
まあ、いいか」
で、一件落着しました。

美容や髪型に関して、そんなにこだわりのない私は、美容院に行かないといけない、というストレスから解放されて、すっきりしました。
この一週間、毎日のように、「美容院に行かなくちゃ」という言葉を口にしていたのです。

自前で髪を切ってみたいという思いは以前からありました。
二人の友人が自分で髪を切っていると聞いていたからです。
彼女らの髪は、自分で切っていると聞かされても、美容院でのカットと見分けがつきませんでした。
いつか自分も、やってみたいと思っていました。
大満足というわけではありませんが、時間とお金の節約にはなりました。

夫の髪

夫の髪は、数年前から私が切っています。
いわゆる、”坊主刈り”と言うものですが。

夫は年を重ねるにつれ、少しづつ髪の毛が寂しい状態に。
下手に隠すより、いっそ坊主頭にすると言いだし、その日を境にずっと坊主頭です。
ヘアキャッチャーと言う、切った髪を受けるものと、充電式電動バリカンを使っています。
我が家で使っている 電動バリカンには、いろいろな髪の長さに対応できるように、アタッチメントが付いています。
3mmから70mmまであります。

所要時間、約10分。
素人の私でも、きれいに、上手にカットできました。
夏は短く、冬は気持ち長めに切っています。
電気店で買ったこの商品は、一流メーカー品で7000円程だった記憶があります。
お店には、もっと安い商品もありました。

今思えば、かなりの時間とお金の節約になっています。

 

 

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA