砂糖入れに蟻を発見!

台所に蟻を見つけました

2週間ほど前から気が付いていました。
台所に立つと目の前のカウンター(木の厚み部分)を右から左へと、2ミリもあるかないかの小さな蟻が移動していたのを。
でも、一日に2、3匹だったので、さほど大事には考えていませんでした。
ある日、 昼食を作ろうと台所に立つと、透明の砂糖入れの容器に黒いものがみえました。
蟻でした。
さほど気にしていなかったことが、急に大事になってしまいました。

 

蟻の侵入口を探しました

もしかしたら、侵入口は勝手口かもしれません。
以前もそうでした。

「右から左へ移動しているから、侵入口は右にあるよ」
わたしが言いました。
「蟻が“こんにちは”と言ったか?“さようなら”と言っていなかったか?帰り道かもしれないよ」
と夫は答えました。
なるほど、そうかもしれない。
蟻の侵入口を見つけるべく、夫と私は蟻の行く手をじっと観察することとなりました。
声も立てず、蟻の後を追いました。

ついに見つけた!!
勝手口ではありませんでした。

蟻は壁紙と板のほんの小さな隙間から出入りしていました。
余りに小さな隙間からの出入りに感心して、暫く見入ってしまいました。
私たち夫婦は昼食をとるのも忘れて蟻に没頭していました。

 

蟻駆除の方法は?

おっといけない、駆除の方法は?
ネットで検索してみました。
“アリメツ”がよく効くらしい。
近くのホームセンター3カ所 、薬局にも電話しました。
扱っていないらしい。

しかたなく“蟻の巣コロリ”を置きました。

と同時に、そのあたりにいた蟻は、蜘蛛の子を散らしたように例の隙間へと入って行ってしまいました。

出てきてもそれ以上は出ないようにと、夫はガムテープで小さな囲いを“蟻の巣コロリ“の周りに作りました。
けれども、肝心の蟻は一向に出てきませんでした。
これは、効き目があるのか、ないのか???

蟻の後を追うと、出入り口が判明します。
ただし、少々時間を要するので、覚悟して追跡すること!

数日間、蟻の出入り口を観察しつつ、台所に立つこととなりました。
もしかしたら、向こうもこちらを観察していたのかもしれません。
とにかく、もう蟻の出入りを確認できなかったので、その小さな隙間を透明のコーキングで埋めました。

砂糖入れをどうする?

しかし、しばらくするとまた、蟻が砂糖入れに!
コーキングした壁からの出入りは確認できませんでした。
前回のように出入り口を探したところ、壁とシステムキッチンのつなぎ目の奥から出入りしているようでした。
手も入らず、今回は殺虫剤を使うしか方法がありませんでした。

とりあえず、砂糖入れを冷蔵庫へ入れました。
すると、蟻もぱたりといなくなりました。

我が家の砂糖入れは25年程使っているものです。
今まで蟻の侵入はあっても、砂糖まではきませんでした。
しかし今回、なぜ砂糖入れにまで入ったのか?

砂糖入れはプラスチック製なので、経年劣化でどこかに隙間ができていたのかもしれないと考えるに至りました。
この冬の間に、新しい砂糖入れを購入しようと思います。

冷蔵庫に砂糖を入れたのは、失敗でした。
固まって使いにくくなります。

ただし、冷蔵庫のように完全に密封する方法が有効だと思いました。

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA