トイレ掃除をし易く、清潔、シンプルに

狭くて掃除のし難いトイレ

我が家のトイレはお世辞にも広いとは言えない大きさです。
家が小さいので当然と言えば当然ですが。
一軒家でうちのトイレより狭いトイレを見た記憶がありません。

我が家のトイレは、この家に越して来た時から温水暖房便座なのです。
操作ボタンのある部分が本体と一体化していて、便座右横についているものです。

狭いトイレなので、その飛び出した操作部分が邪魔をして手が届かず、奥の床も壁も掃除がキチンとできませんでした。
トイレ掃除に関する私のイライラの原因の一つとなっていました。

 

暖房便座を取り換えました

一年半程前、その温水暖房便座を新しいものに取り換えました。
取り換えた理由は

 ①掃除しやすくするために、操作部分が本体と別れたものがほしい
 ②パワー脱臭のあるものがほしい
 ③経年で変色してきたので新しくしたい

主にこの三点でした。

暖房便座の交換を決めた時、気になることがありました。
今の便器と同じ色のものがあるかということでした。
我が家の便器は薄ピンク色です。
もう20年以上たっていたので、もう扱っていないのでは?という不安がありました。
でも、ありました!
すごく有難く、感激しました。
メーカーさん、ありがとうございます。

操作部分は本体とは別れていて壁にかけることが出来、本体の出っ張り部分が無くなったので掃除の時も何とか便器後ろまで手が入るようになりました。
相変わらす、狭いトイレですが、掃除のできないイライラはかなり解消されました。

パワー脱臭機能のおかげで、新しく消臭剤を買うのもやめました。

 

トイレブラシを撤去しました

こうして、以前よりは少し気持ちよくなったトイレですが、まさに今日、トイレ掃除中に、先日読んだ本の事を思い出しました。

トイレブラシを使わず、使い捨て手袋を使い、トイレットペーパーで掃除する、と言うものです。
正直、トイレブラシを使わないなんて今まで考えてみたこともないやり方ですが、ためしにやってみました。
おそらく、トイレブラシでは落ちていなかったであろうと思われる汚れが、取れました。
便座のふたは、乾いたトイレットペーパーで拭くと傷がつくと思い、今回は、とりあえずいつものようにトイレクリーナー(シートタイプ)を使いました。

暫くこの方法でやってみるつもりなので、トイレブラシとブラシ受けをトイレから撤去しました。

よく考えてみると、トイレブラシを使っても、そのままトイレに置いておくということは、当然ブラシ受けに水もたまる訳で、衛生的に問題はないのかと、思いました。
それとも、皆さんは掃除用具は別の場所に保管なのかしら?

やはり、撤去正解です。
それに、できるだけ物を持たないシンプル生活が目標なのですから。

わずかながら物も減り、気持ちもすっきりしました。

 

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA