洗面所がスッキリして、使いやすくなりました

 我が家の洗面所


我が家は、洗面所に洗濯機があり、また脱衣所にもなっています。

言い換えると、洗面所と洗濯場と脱衣所が一つの場所にあります。さほど広い場所ではありません。

現在、全自動洗濯乾燥機を使用していますが、この商品に買い替えるまでは、全自動洗濯機と衣類乾燥機を使用していました。

衣類乾燥機を置くための専用のスタンドを使用して、洗濯機の上部に衣類乾燥機を置いていました。
その洗面所には、洗濯物を入れるための大きな縦長のかごも置いていました。
もちろん常時置きっぱなしのヘルスメーターもありました。
そこはもう洗面所、脱衣所と言うより、単なる風呂場への通路と言う感じでした。

洗濯乾燥機に買い替えました

現在の洗濯乾燥機に買い替えてから、洗面所は本来の空間が生まれ、脱衣所としても十分でスッキリしました。

洗濯乾燥機は、一台で洗濯も乾燥もできるので、衣類乾燥機のあった場所が空きました。

今まで使用していた衣類乾燥機用のスタンドを使い、何とかその空いた場所を利用してすっきりさせたいと考えましたが、なかなか自分が考えているようなものが見つからず、その場所は数か月間空いたままでした。
常に空いた空間のサイズを測った紙を持ち歩いていました。

 カラーボックスで棚を作りました

ある日、ホームセンターで白い二段のカラーボックスを見て、ひらめいたのがこの使い方です。

私の記憶では1個800円前後だったと思います。
それを2個使いました。
ひとつを正面もう一つを横向きにして、二つのボックスをつなぎ、L形にして使います。

もちろん、ただ単にスタンドの上に置くだけでは洗濯機の使用中の振動などで落ちてくるので、2個をつなぎ留めたり、金具で台に固定したり、柱とつないだりして危険が無いようにしてもらいました。
わたしはDIYはさっぱりダメなので、ここは得意な夫にお願いしました。

正面のカラーボックスは上下2段になっており、上段には以前買って使用していなかったカゴ2個を入れ、各自の下着の替えを入れています。
下の段には台所で使っていたカゴ(1個1000円前後)を入れて、洗濯が必要な物を入れています。
横向きのボックスに置いたタオル類はほぼ頂き物なので、色が統一していません。
廊下側からは見えないので煩雑さが目立ちません。
また、洗面台の方に向いているので、使いやすくなりました。

また、タオル類を洗面台側に置いたのには、もう1つの理由があります。

ボックス棚をいくらしっかり金具で止めても、洗濯機が作動している時は、スタンド本体が振動で揺れるので、棚から物が落ちないとも限りません。
我が家の洗面ボールは陶器でできています。
たとえ落下してもタオル類であれば、洗面ボールを割ることはありません。

これは、化粧水の瓶を落下させて洗面ボールを割った苦い経験を元にしました。

このボックス棚を置くことで、床に置かれていた洗濯物入れの大きなかごがなくなり、本来の洗面所、脱衣所としてのスペースが生まれました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA