収穫した生姜で、おかか炒めを作りました

正直に言うと、若い頃は生姜はあまり好きではなかったので、買ってきてまでは食べたくありませんでした。
生姜入りのお菓子などは、苦手で食べませんでした。
ところが10年ほど前から徐々に好きになり、育ててみたいと思うようになりました。

5月に生姜を植えました

ことしの5月にホームセンターで生姜の種を買いました。
売れ残りのような感じで芽もあまり出ていませんでした。
家で芽出しするつもりで、温かいところに置いておいたら、反対にしなびてしまったので、慌てていくつかに分けて植えました。
そのような状態で植えたにもかかわらず、芽が出てきたので、夫と大喜びしました。

7月ごろには茎も伸びて葉も付き、生姜らしくなりましたが、その姿は、本等で見たものよりずっと小さくて、これで本当に生姜ができるのかと心配になりました。

新生姜を収穫しました

11月になっても相変わらず、我が家のショウガは小さいままでしたが、茎も葉も少しづづ黄色くなってきたので、19日に収穫することにしました。
結果は、予想通りでした。
新生姜はできていましたが、とても小さいものでした。
今月初めに友人からいただいた生姜とは大違い!
およそ5分の1くらいでした。
でも待望の生姜です。
新生姜のおかか炒めなるものを作りました。
ご飯が進む一品です。

新生姜のおかか炒め レシピ

<材料>
新生姜   およそ100g
かつおぶし     10g
砂糖          大さじ2
みりん          大さじ2
しょうゆ    大さじ2.5
サラダ油       少々

<作り方>
1.新生姜はスプーンなどでこそげて皮をむきます
その生姜を細い千切りにします
2.フライパンをあたため、サラダ油入れ千切りした生姜をさっと炒めます
3.そこに、砂糖、みりん、しょうゆを入れます
4.少し炒めたら、かつおぶしを入れます
5.水分がなくなるまで煮詰めます

収穫した半分で新生姜のおかか炒めを作り、残り半分の生姜はスライスし冷凍保存しました。
この冷凍生姜は、魚の煮つけをする時などに大活躍してくれます。

また、我が家ではスライスした生姜をはちみつに漬けたり、生姜の甘酢漬けを作ったりもしますが、今回は収穫量が少なくてそこまで手が届きませんでした。
生姜のはちみつ漬けはお湯で割って飲んでいます。
身体が温まるので冬には欠かせません。

生姜の効能・効果

生で食べると殺菌効果や解熱効果などがあるそうです。
また、加熱したものを食べると、
血のめぐりをよくする作用、抗酸化作用、脂肪燃焼作用、冷え性改善、鎮痛効果などたくさんの効果があると言われています。
生姜は調理の仕方によって効果が違うと言われているので、注意して積極的に取りましょう。

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA