食品の買い出し回数を減らしました

食料品は毎日買っていました

シンプル生活をしたいと思い始める前は、仕事帰りにスーパーマーケットに寄るのが日課でした。
仕事が休みの日でも、朝チラシをチェックしてスーパーへ行っていました。
今思い起こすと、とても忙しい毎日でした。
買い物も好きでした。
でもいつも、やらなければならないことに追い立てられていた気がします。
新聞をとるのをやめてからも、買い物に行く前には、お店のWebチラシを見てから出かけていました。

 

食料品の買い出しは週2回

食料品の買い物は週2回と決めています。
これをまとめ買いと言えるのかはわかりませんが、毎日のように食材を買いにスーパーマーケットに行っていた時よりは時間がとられない事は確かです。

現在は水曜日と、もう1日は土曜日か日曜日どちらかに行っています。

以前とは違い、ちらしもWebチラシもみません。
けれど、店の入り口に貼ってあるチラシは見ます。
それから店内で買い物をします。
私の場合、買い物をしながら献立を考えますが、決まらないまま買う事もあります。
3・4日分なのでメイン料理の魚、牛肉、豚肉、鶏肉などは取り混ぜて買うようにしています。
野菜など必要なものを買うと、大きな買い物袋2個分くらいにはなります。

 

買い物回数を減らしたことの良い点

食料品の買い物の回数を減らしたことの良い点は、時間の節約・ガソリン代の節約です。
週6回の買い物を2回に減らすと、1回の買い物時間40分として
6回×40分=240分

一方週2回では、1回の買い物時間を60分として
2回×60分=120分

その差は120分、約2時間です。
スーパーへの往復する時間を含めるともっと多いはずです。
週2時間、他の事も出来るし、のんびり過ごすのもいいものです。

私が住んでいるところは北陸の田舎なので、日常生活においての主な移動手段は自家用車です。
春、夏、秋の晴れた日は自転車や徒歩も可能ですが、冬は雪、雨風で自転車などは無理です。
バスは運行本数が少なくてなかなか利用できません。
買い物も当然、自家用車という事になります。

私が利用しているスーパーマーケットは、自宅から約1.5㎞のところにあります。
それほど遠くはないので、ガソリン代と言っても1回の買い物利用では大した額ではありませんが、1ヶ月、1年と続くとそれなりに節約の効果は出てくると思います。
また、地球温暖化が問題視されている昨今、CO2の排出量削減にもつながると思います。

食費に関しては、毎日買い物に行っていた頃より、余分なものを買わなくなった分、少し減ったかなと思いますが、大きな変化はありません。
言い換えると、チラシを見て買わなくても、お店に行く回数を減らすと食費は変わらないという事です。

将来は、週1回のまとめ買いができればもっと生活がシンプルになるのではと考えています。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA