キッチンがスッキリしました

我が家のキッチン

我が家は、リビングダイニングキッチンと言われる形態のリビングルームなので、ダイニングとキッチンの間にカウンターがあるとはいえ、キッチンのかなりの部分がリビングから丸見え状態です。

友人達がよく遊びに来るので、この家に引っ越して来た時から、キッチンは煩雑にならないようにと、気にしてきました。
だから、決して散らかってはいないと思っています。

でも片付けを始めてから、整理されているキッチンではなく、物の少ないスッキリしたキッチンにしたいと思い始めました。

まず、長く使っていないものを処分しました。

処分したもの

茹で卵器、コーヒーメーカー、三段重、保温弁当箱、弁当箱、アイスペール、食品保存容器、電子レンジ用蒸し器、電子レンジ用一人用炊飯容器、はし、はし箱、箸置き、お弁当袋、使い捨てスプーン、使い捨てフォーク、食器、誕生日ケーキ用のローソクなど。

一度に捨てる決心がつかず、何度も何度もキッチン上の扉を開け閉めして、処分しました。

次に、食卓に並ぶこまごましたものを、物を処分して空いた扉の中に収納しました。
はちみつやふりかけなど食品の類です。
視覚にこまごましたものが入らないだけですっきりと見えるようになりました。

シンク

シンクの中に置いていた三角コーナーも処分しました。普段、生ごみはその都度ゴミ箱に捨てていますが、どうしても三角コーナーがほしいと思うこともあります。
その時の為に、自立式の三角コーナーを引き出しにストックしていて、必要な時だけ使用しています。
もちろん、出しっぱなしはせず、使ったらすぐにゴミ箱へ直行です。

スポンジとたわしはステンレスのラックに入れて、シンクの中に吸盤を使ってかけています。
元来広いとは言えないキッチンですが、極力物を置かないことで、すっきりみえます。
おまけに作業スペースが増えて、調理がしやすくなりました。

キッチン収納

流し台の上には、小さな浄水器、台所洗剤、ハンドソープ、まな板だけです

流し台下の収納部分には、なべ、ボウル、フライパン、圧力鍋などの調理用具が入っています。
もう少し数を減らした方が出し入れしやすいと思っています。

友人の家に行っても、ラップやアルミホイルなどは、使いやすさを考えてなのでしょうが、すぐ目につく場所にあります。
けれども、スッキリ見せたいならば目に入らない場所がベストだと思いました。
もちろん、使いやすさも考慮に入れなければなりません。我が家の場合は、調理作業をする場所の一番上の引き出しに入れています。
調理中でもすぐ出せるので、不便を感じたことはありません。

友人が訪ねてくると、皆一様にすっきりしたといってくれますが、まだまだ捨てたい、処分したい、処分できる余地がある、そんなキッチンです。

益々のすっきりを目指して日々格闘中です。

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA