収納用品の事を考えました

原点は食器棚

我が家では、以前アパートに暮らしていた頃、幅120㎝の食器棚を使っていました。
今の家に引っ越して来た時に、少し小さめの幅90㎝のものに買い替えました。
120㎝のものを置くスペースがなかった訳ではありません。
大きな食器棚を使っていても、いつも使う食器はわずかだと気が付いたので、もう少し小さいもので十分だと思ったからです。

しかしながら当初は、その一回り小さくなった食器棚には、少ないとは言えない数の食器が入っていました。
数を減らすのには時間がかかりました。
現在はかなり減りましたが、私の理想はもっと減らすことです。
ミニマリストとまでは言わないまでも、少ないもので、もっとシンプルに暮らしたいのです。

この食器棚の件は、収納の事を考える上で、私の原点になっています。

 

収納用品を捨てました

片付けを始めて、一つの結論にたどり着きました。
“収納用品(収納する入れ物)がたくさんあると、物は減らない”ということです。
物は一度きれいに整理されて、収納されると、なかなかそこから出てきません。
押し入れの奥に入れると、まさにその状態。
本当に物を減らしたいのであれば、収納用品(収納する入れ物)容器から処分すべきだと気が付きました。

物を処分していくと、プラスチックのかごや、A4サイズの入れ物が何個も空になりました。
今までは物が増えるたびに、買い足して使っていました。
何かの景品だったものもあります。
でも、よく中を見てみると、さほど重要なものなど、入ってはいませんでした。
いつか使うかも、いつか見るかも。
とりあえず、置いておこう。
そのような気持ちで置いていたのだと思います。

けれど、そのいつかは来ませんでした。
この先も来ないでしょう。
来ないはずです。
来ません。

ゴミ袋に入れました。

 

たくさんの収納場所は必要ですか?

収納できるところがたくさんある家がいい、と私も思っていました。
でも今は、そのようには思えません。
たくさんあると物をため込んでしまいます。
収納場所は無くては困りますが、そこそこの数でいいと思っています。
日本は四季があり、季節用品や行事に使うものなど、しまっておきたいものがたくさんありますから、必要ではあると思います。

押し入れは物をしまう場所だからと、たくさん詰め込んではいけません。
詰め込み過ぎると、風通しが悪くなりカビが発生する原因になります。
また、物の管理もやりにくいです。

押し入れも、入れすぎず、風通しを良くして上手に使いたいものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA